ナチュラルフーズのブログ
ナチュラルフーズのスパイスを使ったレシピやレース情報まで・・・。フルマラソン年代別世界記録保持者の保坂好久とその家族や仲間たちのブログです。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
ほたる観賞に行きました。
保坂です。6月17日土曜日 夕方 東京から下田市下り坂インターバルを走りに田澤満敏君が来ました。ナチュラルフーズチームの
  原田ちゃん 田澤君 鈴木君 保坂でアップして、田澤君保坂で下り坂インターバルに入り
今蛍が沢山飛んでいる から練習が終わったら見に行こうと言って田牛に行きました。
蛍ポイントに着いたら まくらやみの中に光がぽーぽーぽーとついたりきえたり山中光っていました。
田澤君と保坂はスーゲー スーゲーと言って感動していました。
 
チーム 走る仲間たちに見せてやりたいと思いスマホーで写真を撮ったら 映らず 蛍を捕まえて手の上に乗せて撮ったら
   小さな蛍でなぜ まくらやみの中で 大きな光に見えるのか不思議な感じになりました。
 
又は来週蛍の愛の交尾を見にこようと誓い合いました。
スポンサーサイト
月刊ランナーズ8月号に載りB
保坂です。月刊ランナーズ8月号の谷川真理の速いランナーに会いたい 第3回
今月の速いランナーで
  保坂の友達美人ランナー谷川真理さんが友人石黒正巳さんとの対談が載りました。
保坂は静岡マラソン大会で石黒正巳さんに引っ張ってもらって走り サブスリーが出来ましたので本を見てとても嬉しいです。
  保坂はフルマラソン年代別世界記録を狙って出しても石黒正巳さんすぐ破られると思います。
 
そんな心配する前に記録を出さなければ話にならないです。
 
月刊ランナーズの本を買って見て下さい。
フラッシュバックサンディエS
保坂です。6月4日にロックンロールサンディエゴマラソン大会があり サンディエゴで保坂の若い時の友達ナオトシさんの家族に会いに行きながら大会に出場しました。
  保坂 ナオトシさん息子トモさんのお嫁さんソニアさん子供ニコ君キヤロリンさんです。
 
マラソン大会で10キロ地点あたりにアメリカの兵隊さんがなくなった人の顔写真を道路の両サイドに並べてあり その長さは1キロぐらいありました。
保坂はそれを見て南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 なむあみだぶつ 南無阿弥陀仏と全員に念じながら走り ゴールしました。
   ゴールしたらナオトシさんとキヤロリンさんが迎えてくれて
その時息子トモさんもいるはずだったのに北朝鮮問題で海兵隊のヘリコプターのパイロットで航空母艦に乗っていて日本海に行っていて会えなくて残念。
大会の3週間前にサンディエゴに入港する予定だったのに急に日本海に向かったら
      息子トモさんのお嫁さんソニアさんは帰る予定が遅くなったのを悲しんで泣いていたと言っていました。
6月16日に航空母艦がハワイ オワフ島に入港していたので息子トモさんに会いに
 
ナオトシさん家族で行ったと聞いてホットしました。
 
保坂はサンディエゴマラソン大会で
平和とわなんぞやと考えさせられました。
 
またサンディエゴマラソン大会に行きます。
成田空港から下田市に
保坂です。6月11日日曜日に成田空港 朝練習で走って飛行機の着陸して来るのを見に行きました。
   成田空港から下田市に帰る電車の中から見る伊豆半島の景色です。
   下田市終点下田駅に娘 孫次女が迎えに来てくれてました。
 
   これでサンディエゴマラソン大会 ロサンゼルスの旅を終わりにします。
 
チームの人走る仲間の皆さん旅のブログを見て
自分も行ったつもりになって下さい。
 
楽しい旅でした。
全米ジュニア サッカーチーム
保坂です。6月10日土曜日にロサンゼルスから日本成田空港に行きます。
朝コスタメサのホテルからタクシーでロサンゼルス空港に向かいました。
    ロサンゼルス空港のターミナルの中で出発をまちます。
   飛行機に入り 離陸地点に行ったら
機長が飛行機に不具合があり
ターミナルに戻って点検作業しますと言って 2時間30分もかかり出発しました。
機内の中で
    アメリカの全米ジュニア サッカー チームの
ジュリアン君 アラオ君 エイダン モーリス君に出会いました。
   全米ジュニアサッカーチームは仙台市に2週間滞在すると言っていました。
   保坂の隣の席にいた
エイダン モーリス君と親しくなり 箸の持ち方や日本語を教えていました。
きっと 東京オリンピックに出場して来るでしょう。
ロサンゼルスから日本成田空港まで13時間もかかり
保坂も全米ジュニアサッカーチームの人も疲れきっています。
成田空港のホテルに泊まり
明日下田市に帰ります。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.